05<< 2017/06/ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

それいけ!ひるきん幼稚園~ゆけんぽちゃんとシャティ先生~

ゆけんぽちゃんはひるきん幼稚園の子。

ゆくんぽちゃん・ゆきんぽちゃん・ゆこんぽちゃんと一緒に通っています。
今日はお勉強担当のシャティ先生のお家にお呼ばれ。
ゆけんぽちゃんはお母ちゃん渡されたお菓子を持って、ウキウキで先生のお家に向かいました。

ゆ「せんせー!こんにちわぁー」

シャティ先生「こんにちわ、ゆけんぽちゃん。元気に挨拶できて偉いね。さぁ上がって」

ゆ「おじゃましまーす!」


シャティ先生のお家は建て替えたばかり。あまりに広さにゆけんぽちゃんはビックリです。
シャティ先生の個人授業3

先生のお家には色々な物がありました。
なにこれー!
ゆ「なんだこれ!おもしろい!」

ゆ「せんせい、なんか怖いよう!」
こわいかぼちゃ

はしゃいでいるゆけんぽちゃんに、シャティ先生は言いました。
シ「ゆけんぽちゃん、こっちの椅子に座ろうか」
ゆ「?はーい」
なんで勉強しないといけないの

シ「ゆけんぽちゃん、なんで先生のお家に呼ばれたかわかってるかな?」
ゆ「お茶を飲みに!」

シ「…ゆけんぽちゃん、この前の算数のテスト…何点だったか覚えてるかな?」
ゆ「えーと、15点!」

シ「ゆけんぽちゃんはね、算数のテスト幼稚園で一番ビリだったのよ」
ゆ「えっ」

シ「このままじゃ幼稚園卒業できなくなっちゃうから、お母さんに頼まれたのよ」
ゆ「勉強なんかしたくないよう!やだー!」
シャティ先生の個人授業1

シ「ゆけんぽちゃん、泣かないでこの問題を読んで」

ゆ「ひこいち先生は1個5Ðのりんご3つと、3個で30Ðのミカンを」
ゆ「それぞれ6個ずつ握りつぶしてこう言いました」
ゆ「次はお前がこうなる番だ」

シャティ先生の個人授業2

シ「ゆけんぽちゃん…そんなこと書いてないでしょう」
ゆ「勉強やだー!あーん!」

シ「ゆけんぽちゃん、これはね勉強のためだけじゃないのよ」
シ「女子力を上げて、ステキな殿方をゲットするために勉強は必要なの」

ゆ「えっ」

シ「算数のお勉強はね、天文学の勉強にも通じるのよ」
シ「もし航海中、位置が分からなくなったら…その時は星を読むの」
シ「星が読める女性と読めない女性…どちらがモテるかしら?」

ゆ「ステキなとのがたをゲットしたらどうなるの?」

シ「美味しいお菓子が毎日食べられます」
ゆ「ゆけんぽ、がんばる!」


食い意地が張ったゆけんぽちゃんは美味しいお菓子を食べるため、お勉強を頑張ることにしました。

がんばれ!ゆけんぽちゃん!

大きくなったゆけんぽちゃんが優秀な天文学者になることとか…それはまた別のお話。
スポンサーサイト

それいけ!ひるきん幼稚園~ママン先生の調理の授業~

リスボンでアマリア先生(通称ママン先生)の個人授業を受けていた、ゆこんぽちゃん。
ママン先生とゆこんぽちゃん

それを見たババちゃんが「タコのカレー」の配給だと勘違いし
勝手に並び始めました。
配給の列

ゆこんぽちゃんは意地悪して「ハイキューはおわったんだよ!」と嘘をつきます。
違うそうじゃない

ババちゃんは泣きました。
泣いたババちゃん

ゆこんぽちゃんは可哀そうになり、嘘だってことを教えて謝りました。
ゆ「おわびになにかイリュージョンをみせるね!」

一体化

ゆ「ババちゃんとゆこんぽ、いったいかしてるよ!すごいでしょ!」
ゆこんぽちゃんはドヤ顔で言いました。

でも、ババちゃんからは一体化しているように見えません。
なんのことやら訳が分からず、困ったババちゃんは「お、おう…」と言うのが精いっぱいでした。

めでたしめでたし

それいけ!ひるきん幼稚園~今日はお遊戯会~

今日はひるきん幼稚園のお遊戯会です。

こども達は、ブラスバンドを組んでみんなで合奏をします。
あれ?ひるきんちゃんがいないようですね。またお寝坊かな?

ババちゃんは最近、可愛らしいホッキョクギツネをペットにしたようです。
もふもふ

ババ「ねぇねぇみてー!かわいいでしょ!」
ワインレッド「わあ!まっしろー!ふわふわだー!」

可愛らしいホッキョクギツネに、みんなノックアウト。
しばらくすると、ひるきんちゃんがやって来ました。

ひるきん「ねむいー!おきれなかったぁー」
寝起きのひるきんちゃん、ちょっとゴキゲン斜めですね。

ババちゃんは
(ひるきんちゃんは、ほんとうはせいじんだんせいなのにちゃんとおきなくてずるいなぁ)
と思いました。そんなひるきんちゃんには、かわいいホッキョクギツネみせてあげないもん!

バ「(ワインレッドちゃんあとでキツネさわらせてあげるね!)」
ワ「(え、いいの?!ありがとう!)」
こそこそ
ババちゃんはワインレッドちゃんにコッソリ言いました。
それをひるきんちゃんが見逃すはずはありません。

ひ「ババちゃん、ワインレッドちゃんとなにしてるの?!」
ひ「ゆかんぽせんせい!ババちゃんがあたしをいじめるの!ひどいようー!」
いじわるする!

それを聞いたババちゃんはとても怒りました。
バ「いじわるなんかしてないよ!キツネさわらせてあげるねっていっただけだもん!」
ひ「え!キツネみたいよー!!」
喧嘩するこども
バ「ひるきんちゃんがはやくこないのがいけないんだよ!」
ひ「だって、きのうおそくまでしごとしてたんだもん!」
バ「ようちえんのこは、しごとなんてしないんだよ!」
バ「ひるきんちゃん、せいじんだんせいなんだからもうようちえんやめなよ!」

ゆかんぽ先生「ババちゃん!いい加減にしなさい!」

バ「ゆかんぽせんせい…」
悪くないもん

ゆ「いくら成人男性だからと言ってそんなこと言ってはいけません」
ゆ「成人男性だって、幼稚園に行きたくなることがあるのよ」
ゆ「ワインレッドちゃんも本当は成人男性なのよ」

バ「えっ」


ゆ「ひるきんちゃん、ババちゃんはねひるきんちゃんともっと遊びたかったんだって」
ゆ「でもひるきんちゃんがなかなか来なかったから、寂しかったのよ。わかるよね?」


ひ「うん…」
ゆ「二人とも、仲直りできるかな?」
仲直り

ひ「ごめんね…」
バ「ごめんね、キツネみせてあげるね」
gohann.jpg
ひ「ありがとう!とってもかわいいね!」

もうすぐ本番です。みんな上手に演奏できるといいですね!
発表会!

会話に入らなかったkimpo先生….
ひこいち先生のことばかり考えていたみたいですよ!

めでたしめでたし


それいけ!ひるきん幼稚園~お店屋さんごっこをしよう!~

いつも元気なひるきん幼稚園の園児達。天気もいいので、お店屋さんごっこをするみたいです。

ゆかんぽ「今日はここでみんなでバザールを開くよ!」

今日の引率はゆかんぽ先生。おや?他にも先生がいるみたいです。

ゆ「今日は、ゆかんぽ先生の後輩のちびんぽ先生が来てくれたよ!」
ゆ「いつもここでバザールを開いてる、バザールの達人だよ。みんな、挨拶は?」


こども達「こんにちわぁーーーー!」

ちびんぽ「こんにちわ。今日は楽しもうね!」

ひとみちゃん「せんせい、なにを売ればいいの?」
アルちゃん「あたし、すごくたかく売るー」
ののちゃん「アタシがいちばんたくさん売るんだ」
Dちゃん「わたしは、おきゃくさんやりたいな!」


こども達は大はしゃぎです。

ち「うんうん、自分たちがやりたいことをやってみよう!」

ゆ「じゃあ、先生は可愛い靴でも販売しようかな!」

アル「あ!あたし、おウマさんといっしょにバザールしてるのよ!」
アル「みんなにもみせてあげるね!」



アルちゃんがバザールを始めた次の瞬間…





ズボっ…









なんと!

ち「ゆ、ゆかんぽ先輩っっっっ!!!!」



ゆかんぽ先生の顔に、馬のお尻(限りなく穴に近い)がハマりました。


まさかの事態に、こども達はギャン泣き。
カオス


アル「せんせー!ごめんなさい!!!あーん!!!」

ち「先輩!!先輩ーー!!!」


薄れゆく意識の中で、ゆかんぽ先生は馬の身体の中が見えたような気がしました。
馬の身体の中





こども達にトラウマを植え付けた今回の事件。


日常にもあらゆる危険が隠れていることを、我々は忘れてはなりません。





めでたしめでたし?

出演:アルちゃんののちゃんDちゃん
友情出演:ちびんぽ(副官)ひとみちゃん(ねね★ちゃん副官)
監督・脚本・演出・撮影:ゆかんぽ(ひるきん干しぱいれーつ)
提供:ひるきん干しぱいれーつ

それいけ!ひるきん幼稚園~アリスちゃんと謎の粉~

今日はゆかんぽ先生とkimpo先生、そしてアリスちゃんの3人でハバナ東へやって来ました。

アリスちゃんが『ひるきん幼稚園』の採用試験を受けることになったのです。

アリス「ひこいち先生に振り向いてもらいたいんです!」
ひこいちせんせいとうじょう
恋する乙女のパワーは凄まじく、あとは実技試験のみ。
アリスちゃんは必死に練習します。

ゆかんぽ「うん、アリスちゃんその調子!」

ゆかんぽ先生は、たいした戦闘技術を持っていないので
罠を駆使してアリスちゃんのサポート。そんなとき…

ア「先生、『刺激的な粉袋』の中に『刺激的な粉袋・改』ってやつが1つだけある…」
刺激的な粉袋


ゆ「『刺激的な粉袋・改』?初めて聞くね…」

ア「あたし、次の戦闘で使ってみる!」


張り切るアリスちゃん。戦闘開始と同時に『刺激的な粉袋・改』を使いました。

ア「?!?!?!??!?!?!」

ゆ「あれ?アリスちゃん??」





ア「こナ…シゲきテキ…」
kimpo「しり…かゆ…ひる…き…ん」





2人の様子が変です。何かブツブツ言いながら、ゾンビのように、ゆっくりこちらへ向かって来ました。

ゆ「いやぁあああああーーーー!!!」

ゆかんぽ先生は逃げ出しました。

ア「こナ…こなキじじぃ…」
k「HAGE&KONAKI…」

こなき


ゆ「なんなの?!まさかT-●ィルス?!なんで私だけ?!っていうか、何言ってるの?!」

ゆかんぽ先生が無事だったのは、風上にいたからでした。風下にいた2人は、思い切り粉を吸ってしまったようです。

ゆ「どうしようっ…!あ!」
採用試験

目の前にフリビュスチェLV26が!倒せなくはないけど、後ろから2人が迫ってきます。
万事休す!と思ったとき、どこからか声が聞こえてきました。

???(先生は悲しいよ…)

ア「コな…?!」
k「うホっ…!!」



ゆ「ん?!この声は…?!」


2人はその声に反応するように、身体を震わせました。


ア「こナきせんセイー!!」
k「キゃあアアああ!コなきサまぁアアア!」

こなき


大きな音がして、2人の叫び声がこだまします。ゆかんぽ先生は耳を押さえてしゃがみました。
何が起こったのかわかりません。なんだか意識が朦朧としているのは、粉のせい…?

気がつくと、ハバナの街の中にいました。アリスちゃんとkimpo先生も一緒です。

ゆ「2人とも!だいじょうぶ…じゃなさそうね…」
おかしな二人


2人はすごい勢いで笑っていて、無事とは言いがたい状態でしたがまぁなんとかなりそうです。


ゆ「なんだったんだろ…」

結局『刺激的な粉袋・改』の正体も、謎の声の正体もわかりませんでした。

めでたしめでたし?

出演:アリス・テレジア(Q★P)KOBAkimpo(ひるきん干しぱいれーつ)
友情出演:こなきじじい(妖怪)
監督・脚本・演出・撮影:ゆかんぽ(ひるきん干しぱいれーつ)
提供:ひるきん干しぱいれーつ


※『刺激的な粉袋・改』は存在しません。
ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスカウンター
いらっさいませw
プロフィール

ゆかんぽ

Author:ゆかんぽ
イラスト:ダニエリさん

2015122315562900s.png
イラスト:elieちゃん

セクシーゆかんぽその2

ゆかんぽ@真刀小
イラスト:真刀さん

りんごちゃんカード50
カード作成:りんごちゃん

yukampo123小
カード作成:カートライトさん

【国籍】イングランド
【PF】サバイー島

Eos(元N)鯖在住の主婦。
農家バイトで4月~7月は
クッソ忙しい。
世界中を駆け回る冒険家。
縫製・工芸・調理マイスター。

銀行前探索
漂流物探索
こよなく愛す。

「拾った物で大儲け!」

圧倒的犬派。
健康優良不良主婦。
DOL以外にも色々書いてます。
趣味多し。

ゆくんぽちゃん
NEWゆくんぽ
【国籍】フランス
【PF】セントルシア島

末っ子だけど前に出がち。
可愛い調理マイスター。
最近冒険に目覚めた。
副官料理を作る毎日。

「副官料理は儲かるお!」

ゆけんぽちゃん
NEWゆけんぽ
【国籍】ポルトガル
【PF】ディエゴガルシア島

元K鯖の子。割と控えめ。
特に特化した能力はない。
ポル人であることに
非常に誇りを持っている。

「ジーク・ポルトガル!」

ゆきんぽちゃん
NEWゆきんぽ
【国籍】ポルトガル
【PF】アセンション島

イベント&荷物持ち担当。
子供たちの中で
唯一鋳造スキル持ち。
でも生かせる機会がない。
趣味・色鉱石収集。

「我思う故に我あり」

ゆこんぽちゃん
NEWゆこんぽ
【国籍】ヴェネ→イスパ
【PF】サバイー島

イベント&荷物持ち担当。
最近戦闘も始めました。
子供たちの中ではかなりのタカ派。
攻撃的なところは母譲り。

「上等じゃあコラぁ!」」

旦那:KOBAkimpo
旦那
【国籍】ポルトガル
借金大王。
金やアイテムを与えれば、
ゆかんぽの言いなりになってくれる。
しかしタダ働きされることが多い。

「スミマセン、オカネカシテクダサイ」

すぐに嫁のお金を頼ろうとする。
隙あらば、お金を勝手に
持って行こうとする。


『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーテクモゲームスに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーテクモゲームスが使用許諾を行ったものです。 

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
カテゴリ
リンク
基本、勝手にリンクしてますw
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR